美容外科では働き方に満足している人が多い

担当アドバイザーによると、現状に満足している人は案外多く、他が見えていないケースが少なくないそうです。
所が、一度身の回りから一歩外を知るだけで、見えていない部分が見え始め、転職を考える人が増えるとのことでした。
私も同じく、これまで全く検討していなかった転職に挑戦して、過去最高の勤め先で働くことが出来た一人です。
相談を始めた当初は、転職が前向きではなかったので、何処か相手任せで本気にはなれない、そのような心の持ち方でした。
初めての相談を終えた後は、現状に甘んじているのがいかに無駄で、折角のチャンスを手放しているかが良く理解出来ました。
ニ度目の相談時には、5つ程の情報が提示され、この中なら転職の成功確率が高いと太鼓判を押されました。
どれも魅力的でしたが、一見ハードルが高く思えたので、他人を持ち上げるのが上手な人だと、少なからず心の中で思いました。
その直後、まるで見透かされたように、冗談だと思っているのではと、真剣な眼差しで問われたのが印象的です。
正直に気持ちを伝えると、あなたの能力ならどれも実現可能性は十分で、強く望めば転職出来ると断言されました。
それでも、やって見なければ分からないこと、そして客観的で正当な評価が知りたい、と思ったのを切っ掛けにして、転職に挑戦することにしました。


転職の経験はありませんでしたし、それまで現状に甘んじていたので、ハードルは想像以上に高く感じたのを覚えています。
幸いなことに、強力なアドバイザーと経験者の友人といった、二人の心強い味方がいることが勇気に変わりました。
3つの面接は不採用でしたが、後の2つは、失敗が経験と失敗が活かせたので、最終的に採用の通知がもらえました。
転職に挑戦したことで、妥協しない大切さや、視野を広げる重要性に対する理解が進みました。